30代に差し掛かったらお肌のケアを見直すことが必要です。
「守り」のケアから「攻め」のケアに変えていく必要があるのです。

20代前半までは女性ホルモンのエストロゲンが分泌されているおかげで、
スキンケアを念入りにしなくても、内側からハリやツヤが満ちてきて、
自然に美しさを保つことができていました。

ですが、20代後半になってくると、この美肌のホルモンである
エストロゲンの分泌が減少してきてしまいます。
すると、お肌の老化も進みやすくなってきてしまうのです。

若い時は何もしなくても美しかったお肌がでしたが、
年齢を重ねていくと、何もしないわけにはいかなくなってくるのです。

ですので、30代に入りましたら攻めのスキンケアは必要となってくるのです。

お肌が老化してくることでまず最初に対策をしたいのは、
ターンオーバーの正常化です。
ターンオーバーとは、お肌の生まれ変わりの周期のことをいいます。
若い時で28日周期で生まれ変わります。
古くなった角質が自然とはがれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わります。
これが28日周期で訪れていました。

年齢を重ねていくうちに、このターンオーバーもだんだんと遅くなってきます。
40代では40日、60代では100日もかかるともいわれています。

ターンオーバーが遅くなっていくとどうなるのでしょうか?
古い角質がはがれ落ちず、そのままお肌に残った状態が続くことに
なってしまいます。
そうなると、お肌の透明感が失われくすんで見えてしまったり、
小じわが目立ってきてしまったり、ということになってしまうのです。

若々しいお肌を保つためには、ターンオーバーを正常にする必要があるのです。

ターンオーバーを正常にするためには、さまざまな方法があります。
まず、最も気を付けたいのは、
・睡眠不足
・栄養不足
です。これらは、ターンオーバーだけでなく、健康面にもかかわってくること
ですので、元気な毎日を過ごすためにもまず気を付けていきたいことです。
さらに、お肌がごわついてきた、お肌がくすんでターンオーバーが遅れているのでは?
と感じた時には、ピーリングという方法もあります。

現在はドラッグストアでもピーリング剤が購入できるようになって、
家庭でも手軽にピーリングが行えるようになってきました。
ピーリングをすると、古い角質がポロポロと落ちてきて、
お肌がハッキリとツルツルしてきたのがわかります。
美容液や化粧水の入りも断然に良くなります。

ですが、注意なければいけない点もあります。
まず、やり過ぎは注意です。
お肌はそもそも0,2ミリという非常に薄い厚さしかありません。
ラップ1枚分ぐらいです。
ですので、ピーリングをやり過ぎて角質を落とし過ぎてしまうと、
お肌に必要なバリア機能までも失われてしまうことになってしまいます。
お肌の水分が奪われやすくなり、乾燥肌になってしまったり、
外部からの刺激も受けやすくなり、アトピーの原因にもなってしまう
ことすらあるのです。
そもそも薬剤を使って角質を溶かしているので、
頻繁に使うのはお肌に良くありません。

ピーリングは大変効果がありますが、するのでしたら、
2週間に1回程度を目安にしてください。

女性がもっとも充実するのは、40代です。

今まで、家族や子供のために頑張ってきて、自分のことはすべて後回し。
鏡をゆっくり見る暇さえありませんでした。

40代に差し掛かり、
「子育てが一段落して、少しずつ自分だけの時間ができてきた」
「余裕ができてきたから、おしゃれも楽しみたい」
と思う頃にはすでもにう40代。
「すでにおばさんと呼ばれる年齢になってしまった・・・」
「顔にもしわが目立ちはじめてきた・・・」
とあきらめるのはまだ早すぎます!

女性が輝きだすのに、年齢は関係ありません。
40歳を過ぎても、若々しく美しい女性はたくさんいらっしゃいます。

やっと自分のための時間が過ごせるようになってきたのですから、
40代を若々しく美しく元気に楽しく過ごしませんか?

40歳から気にしたいのは、「女性ホルモン」のこと。
女性ホルモンは、ハリとツヤのある若々しいお肌やボリュームのある美しい髪の毛など、
美しい女性らしさを育ててくれるホルモンです。
この女性ホルモンは、30歳ごろから分泌が減ってきてしまいます。
徐々に分泌が減るのなら、体も対応できるのでしょうが、
急激に分泌が減ってきてしまいますので、体も対応しきれず、不調が現れます。
これが、「更年期障害」です。
この「更年期障害」の症状を楽にするためにも、女性ホルモンの分泌を
整えるということは、大変大事なことです。

まず、大切なのは「30歳を過ぎれば女性ホルモンの分泌が減ってくる」
ということを自覚することです。

「なんだかわからないけど、イライラする」
「急に疲れやすくなった」
「体がだるくて仕方がない」

ということを、自分の頑張りが足りないからだ・・・と我慢したり、
自分のせいにしないでください。
女性ホルモンの減少の影響を受けていることが多いのです。