抗酸化物質というと、なんだか堅苦しくなってしまいますので、
言い方を変えてみますと、体を老化させるのを防ぐ物質ということになります。
体の老化を防いでくれるなんて、そんな夢のようなものがあるのか?
と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
そこを理解していただくためには、「老化」がどのようにして起こるのか?
ということを知っておくとわかりやすくなると思います。

年齢は重ねていくうちに実年齢よりも
「実年齢よりも若く見える人」
「年相応の人」
「実年齢よりも老けて見える人」
に分かれてしまいます。
もちろん老化は自然なことなので、これには逆らうことはできませんが、
「実年齢よりも若く見える人」には、努力次第でなれるということです。

「老化」が進むひとつの原因として、「酸化」があります。
「酸化」とは、釘がさびてしまったり、
リンゴやバナナの皮をむいてそのまま放置しておくと、
変色してしまうあの「酸化」と同じです。
その「酸化」が私たちの体の中でも実際に起こっているのです。

アラフォーになっても若さを保つための基本的なことをもう一度、
確認していきたいと思います。

1、バランスのとれた食事

私たちの身体もそうですがお肌ももちろん一つ一つの細胞から成り立っています。
その細胞は私たちは毎日食べている喰べ物や飲み物から作られています。
ですので食事にも気をつけ、バランスのとれた食事をすることが基本です。

2、軽い運動を取り入れる

細胞をどんどん新しく入れ替えていく働きのことを「新陳代謝」といいます。
この新陳代謝は軽い運動を取り入れることで、活発になっていきます。
新陳代謝が活発になればお肌のターンオーバーも早くなるということです。

3、紫外線を避ける

あたしたちの体やお肌を老化させる最大の原因は「活性酸素」です。
この活性酸素が体内に増えていくと、細胞が錆びてしまいます。
もちろんお肌も老化してしまいます。
紫外線は春や夏のイメージがありますが、実は1年中私たちに降り注いでいます。
できれば日焼け止めは1年間続けてつけていただきたいものです。
またストレスも活性酸素を増やす原因となりますので、
ストレスを解消していくことも、アンチエイジングの重要なポイントです。

4、女性ホルモンを整える

女性ホルモンは夜寝ている時に分泌されると言われています。
早寝早起きを心がけ、バランスの良い食事がホルモンバランスを整えるために大切です。
無理なダイエットはさけ、女性ホルモンの分泌のバランスを整えましょう。

いかがでしょうか?
どれも基本的なことばかりですが、基本的なことがかえってできていなかったりします。
しかしこれらの一つ一つの積み重ねが、10年後20年後に顔に現れてしまうのです。

いつまでたっても若々しい人、年齢よりも老けて見える人は、
いちにちいちにちの積み重ねが違っているのだと思います。