女性がもっとも充実するのは、40代です。

今まで、家族や子供のために頑張ってきて、自分のことはすべて後回し。
鏡をゆっくり見る暇さえありませんでした。

40代に差し掛かり、
「子育てが一段落して、少しずつ自分だけの時間ができてきた」
「余裕ができてきたから、おしゃれも楽しみたい」
と思う頃にはすでもにう40代。
「すでにおばさんと呼ばれる年齢になってしまった・・・」
「顔にもしわが目立ちはじめてきた・・・」
とあきらめるのはまだ早すぎます!

女性が輝きだすのに、年齢は関係ありません。
40歳を過ぎても、若々しく美しい女性はたくさんいらっしゃいます。

やっと自分のための時間が過ごせるようになってきたのですから、
40代を若々しく美しく元気に楽しく過ごしませんか?

40歳から気にしたいのは、「女性ホルモン」のこと。
女性ホルモンは、ハリとツヤのある若々しいお肌やボリュームのある美しい髪の毛など、
美しい女性らしさを育ててくれるホルモンです。
この女性ホルモンは、30歳ごろから分泌が減ってきてしまいます。
徐々に分泌が減るのなら、体も対応できるのでしょうが、
急激に分泌が減ってきてしまいますので、体も対応しきれず、不調が現れます。
これが、「更年期障害」です。
この「更年期障害」の症状を楽にするためにも、女性ホルモンの分泌を
整えるということは、大変大事なことです。

まず、大切なのは「30歳を過ぎれば女性ホルモンの分泌が減ってくる」
ということを自覚することです。

「なんだかわからないけど、イライラする」
「急に疲れやすくなった」
「体がだるくて仕方がない」

ということを、自分の頑張りが足りないからだ・・・と我慢したり、
自分のせいにしないでください。
女性ホルモンの減少の影響を受けていることが多いのです。